2008年12月11日

笑顔は、素敵な宝物

診療所で患者様と応対するのが、秘書としての仕事のひとつです。

東洋医学・いわゆる漢方治療で来院される方の他に、心の病がある方も来院します。

私は、患者様の一瞬の表情や行動で、その日の心の状態を感じられるようになれました。

座る位置、声の高さ、気持ちのテンション、視線、くせ、容姿、言葉の数。などなど、見えるポイントがあります。

特に女性の場合、日ごろしている化粧をしない時や髪の毛が乱れているときは、体調が悪いと判断します。

その逆もありました。

躁状態の方はテンションが上がると、声も高く明るくなり過ぎ、隣の患者様を巻き込む行動をとります。

うつ状態の方が側にいたときは大変です。躁の方は自分を主張していきますので、迷惑がる方も出てきます。

それぞれの体調や病気がありますので、誰が悪いと言うわけではありません。

私に話を向けていけるように、配慮していきます。

心の病を持っている方は、とても心が純粋です。

しかし、社会に自分は受け入れられないと悩む方もいます。

私は、心の窓を全開にして患者様と接するように心がけています。

私にできることは、笑顔で皆様に接することです。

どうすれば、笑顔の価値を皆様に伝えることができるだろうか。

ドクターから精神分析の本を何冊か借りました。

今、勉強しています。

人間だけが持つ、喜怒哀楽の表情を研究していきたいです。

笑顔は 一番素敵な宝物です。









posted by 由美子 at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。