2009年08月30日

境界線について

今日は衆院選でしたね。

みなさまは選挙に行かれましたか。

暮らしやすい世の中になってほしいですね。 国民全員が切実な願いです。

当選された議員さん、政党。期待を裏切らないでくださいね。

一人一人が正しい見極めができる人になりましょう。


さて、今日は境界線についてお話しします。

おととい、生徒さんから「人とのコミュニケーション」を上手く運ぶためのポイントを教えてください。と相談されました。

私は自分に置き換えて考えてみました。

生活をする上で、相手との境界を大切にしたいと感じていました。

家族・仕事の付き合い・恋人・知人など、たくさんのお付き合いがあります。

相手に不足の思いを感じたことはなかっただろうか。

よーく、ほりさげて見ると「相手にかかわる境界線」を超えない関係になりたいと思いました。

親しい関係であればあるほど、自分が一番相手を理解している。と思いこんでしまいます。

しかし、相手は「自分だけの世界をもちたい」と境界線をはるときがあります。

愛する人のことを大事にする努力とは、相手が心地良い気持ちになる助けをしてあげることです。

そんなときは、寂しくならないで。

そっと見守ってあげることが大人のコミュニケーションではないかと感じます。









posted by 由美子 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126855222
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。